BlogAnoia

Show-Cha's BLOG【ぶろがのいあ】
名古屋グランパスの話題を中心に、自分の妄想妄言を垂れ流していくBlogを目指します。

J2リーグ第16節 横浜x名古屋 試合結果

J2リーグ第16節 試合結果

横 浜名古屋
   1 -  2
08' イバ(横浜)
55' シモビッチ(名古屋)
77' シモビッチ(名古屋)

20170527

福田正博と言えば現役時代はミスターレッズと呼ばれた偉大な選手だけど、お前はサッカーをちゃんと見れているのか?と問いたい。

そもそも前半終了時点で、「横浜ペース」「名古屋はボールを持たされている」などと言っていたが、決定機が先制のイバのフリーキックとフリースローからのヘディングだけじゃん。イバも含めて横浜の選手がバイタルエリアでコロコロ転がっていたんで、ゴール前でフリーキックが多かったんで、攻撃がうまくいっていた感があったかもしれないけど、結局流れからのシュートは0。名古屋は2。さらに田口からシモビッチの縦パスが入り始めたんで、名古屋の方が攻撃は上手くいっていた。

もし本当に名古屋にボールを持たせていたのなら、もっとカウンターが決まっていたが、そこは名古屋がうまくリスクフェッチしていた。それに前半の最初ほどイバにボールが集まらなくなってきていた。それは攻撃はイバ一択の横浜サッカーに名古屋の選手が慣れ始めたってのも、素人目に明らかだった。

少なくとも前半はイーブン。少し気の利いた解説者なら、後半は名古屋が盛り返すと見るのが普通のサッカー解説じゃないかと。

あと勝負のアヤとして、前半横浜の選手がバイタルでコロコロ転がって、それを律儀にファールを取っていたレフリングってのがある。1本目のPKは明らかにハンドなんで、置いときますが、2本目はボールに絡んだシモビッチも杉森もアフター気味に足を掛けられて、アドバンテージを見ていた時にああいう風に足を掛けられたら、そりゃあPK取るでしょ。特に前半あれだけ横浜側が同じようにファールを取っていたのに、名古屋側が取られないわけない。

横浜はバイタルエリアで、名古屋はペナルティエリアで、ファールをもらった。それだけの話。横浜はペナルティエリアまで入っていけなかった、名古屋は上手くペナルティエリアまで侵入できたって差もあるよね。

横浜の監督の中田さんは相変わらず選手のストロングポイントを生かすサッカーをしていますね。ただイバ一辺倒ではなく、もっと津田や他のオプションをもっと生かすべきだったね。津田は元気そうだったけど、もっと上手く使って上げていたら…。と思った。


しかし、これから金沢、東京V、福岡、長崎、湘南というJ2上位と当たる日程です。気温も熱くなるし、今が正念場の真っただ中。優勝するようなチームは連勝できるはず。いや確実にグランパスは上がっている!がんばれ!グランパス!!

三ツ沢の空はまだ蒼く染まっているか。

タグマ!に掲載されている「赤鯱新報」は名古屋グランパスファンなら誰もが購読しているWEBコンテンツですが、そこに我らが楢崎選手の記事がありまして、

ただ、前の大分戦の時にね、フリューゲルスのことを知らない大分の若手の選手がいたと知ってね。メンバー表でオレの前所属が書いてあるでしょ?そこに書いてあるチームを知らない選手がいたと。まあ、そういう選手がいてもおかしくはないなと思うところもある反面、サッカー界としてプロでやっている選手がそういうことを知らないというのはちょっと、何か寂しいなって思いますね。
赤鯱新報【5/24練習後の選手コメント】より

とあった。
横浜フリューゲルス消滅が1998年だから、今から19年前になる。我らが杉森考起が生まれた翌年にあたる。杉森にしても当時一歳なので、フリューゲルスの試合なんて見てないでしょう。若い選手の中で、存在自体知らない選手がいてもおかしくない。

って言うか、生まれた時から当たり前のようにJリーグがあり、当たり前のようにワールドカップに出場し、当たり前のように、海外で活躍する日本人選手がいるんだから。おじさんの若い頃のようにプロ契約のサッカー選手なんて数人しかいなくて、ワールドカップに出場するには、たった2枠を争う過酷なアジア予選を勝ち上がらなければなかった。

昔ながらのサッカージャンキーにとっては、本当に夢のような環境が、今ここにある。

だからこそ、横浜フリューゲルスのことは忘れてはいけないと思うのだ。我らが楢崎がピッチに立ち、我らのゴールマウスを守っている間は、横浜フリューゲルスの破片は我らとともにあることを、忘れないでいたいし、知らない今の若いサポーターたちに語り継いでいきたいと思った次第である。

さて次節は三ツ沢での横浜FC戦である。
監督は中田さん。そして津田がいる。いや~、津田ももう31歳かぁ…。歳をとる訳だw

横浜フリューゲルス - Wikipedia
【Jリーグ20周年】忘れてはいけない横浜フリューゲルスの軌跡 - NAVER まとめ

J2リーグ第15節 愛媛x名古屋 試合結果

J2リーグ第15節 試合結果

愛 媛名古屋
   1 -  2
27' 近藤 貴司(愛媛)
44' 田口 泰士(名古屋)
59' 玉田 圭司(名古屋)

201705221

前節から確実に変わってきている。

ディフェンスラインの裏を取ろうとする動きを杉森が実施し、そこへシンプルにボールを送るプレイ。オフサイドも多く結果に繋がらない多くのプレイが、明らかに中盤にスペースを生んでいる。

それは数メートル。もしくは数センチかもしれないけど、今までぎっちぎちのハイプレスに苦しんで、それでもプレイをし続けた我らがグランパスの選手たちには、十分余裕を持てる距離になっている。

そこが結果的に「個の力」の差になったのではないか。
厳しい状況に身を置いて、そこを覆そうとプレイし続けた今シーズンのこれまでのグランパス。愛媛の間瀬監督の言う通り、グランパスがビッグクラブだから、J1にいたから、代表クラスの選手がいるから、外国人選手がいるから、うちの選手は個の力が高いのでは無いのですよ。

と言いたい。

今季のグランパス程、監督から多くの課題を出され、試合の中で、様々なことをチャレンジしてきたチームは無いと自負している。今のグランパスは強くない。個のポテンシャルを出せないまま、今に至る。ただこれだけは確信している。

これからのグランパスは強くなれる。
livedoor プロフィール
記事検索
頑張れ!名古屋グランパス!
NAGOYA_em


ギャラリー
  • J2リーグ第23節 名古屋x山形 試合結果
  • J2リーグ第22節 名古屋x徳島 試合結果
  • J2リーグ第21節 湘南x名古屋 試合結果
  • J2リーグ第20節 名古屋x長崎 試合結果
  • J2リーグ第19節 福岡x名古屋 試合結果
  • J2リーグ第18節 東京Vx名古屋 試合結果
  • J2リーグ第17節 名古屋x金沢 試合結果
  • イデオロギーで言うわけではない。俺は美人の言うことを信じる。
  • イデオロギーで言うわけではない。俺は美人の言うことを信じる。
  • イデオロギーで言うわけではない。俺は美人の言うことを信じる。
  • イデオロギーで言うわけではない。俺は美人の言うことを信じる。
  • J2リーグ第16節 横浜x名古屋 試合結果
  • J2リーグ第15節 愛媛x名古屋 試合結果
  • J2リーグ第14節 名古屋x町田 試合結果
  • 「月がきれい」の千夏ちゃんがかわいい。
  • 「月がきれい」の千夏ちゃんがかわいい。
  • 「月がきれい」の千夏ちゃんがかわいい。
  • 「月がきれい」の千夏ちゃんがかわいい。
  • 「月がきれい」の千夏ちゃんがかわいい。
  • 「月がきれい」の千夏ちゃんがかわいい。
  • 「月がきれい」の千夏ちゃんがかわいい。
  • 「月がきれい」の千夏ちゃんがかわいい。
  • 「月がきれい」の千夏ちゃんがかわいい。
  • 「月がきれい」の千夏ちゃんがかわいい。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ