BlogAnoia

Show-Cha's BLOG【ぶろがのいあ】
名古屋グランパスの話題を中心に、自分の妄想妄言を垂れ流していくBlogを目指します。

2013年10月

たまにはサッカーの話題でも書こうかなと…。

最近試合結果の記事を書かないのには理由があって。もちろん我らがグランパスの試合は録画して全部チェックしています。ただ記事を起こす気力と言うかモチベーションが上がらなくて。その理由は、やはり試合が「つまらない」からであろうと思う。

「つまらない」と言うと語弊があるなぁ…。私はどんな試合も楽しく観れてしまうので。う~む。良い表現が思い浮かばないけど、「応援し甲斐がない」というか…。いやいや応援もしているしね?どう言ったものか。

「勝とうとする姿勢」は感じるんだよね。闘莉王を筆頭によく選手間で声を掛け合っているようには見える。

だけど「勝とうとする工夫」がないんだよね。それは戦術でもそうだし、選手自身でもそうだし。監督自身もそう。そしてフロントもそう。難しいかも知れないけど、サッカーは継続していくと必ず閉塞感が出て来る。どんな優秀な選手を揃えていても、同じ選手同じ戦術同じシステムを継続していくと必ず来る。今のグランパスがそうなんだよね。だから新しい選手を入れ替えたりして、強化していかないといけないけど、今年は選手の補強もそこそこだったし、シーズン始まる前に、なんとなくこの状況になることは予想できた。若手に期待してたんだけどね。いや悪くは無いよ?ただ状況を打開できる程の選手はいなかったというだけ。

イングランド・プレミア・リーグなんかを見ていても。監督が何十年も同じでも、選手の入れ替えが激しいから毎年閉塞感無く続いているよね。まぁ、資金力が違うので。同じように、は無理だけど。それは解っている。

まぁでも、否応がなく来年は監督が変わるんだし、新しいグランパスの形が観られるはず。どういうチームコンセプトを持ったものになるのかは、解らないけどね。

残留も決まったし、とりあえず来季に向けてのチーム作りに期待しよう。


話は変わるけど、我らがグランパスのお隣のクラブチームであるジュビロ磐田がピンチだ。

正直最近の試合を観ても、なんか歯車がかみ合っていないように見えた。個別にみると良い選手は揃っているんだけどね。前田、駒野、菅沼、伊野波、安田、山田大記、 山本康裕、松岡と悪い選手じゃないんだけど。でもつまらないミスが感じがするんだよねぇ。守備の連携のミスやコミュニケーションのミス…。戦術の問題か?システムの問題か?なんだろうね?

でも、関塚さんらしいチーム作りだし、戦術もシステムも、意図しているところは解りやすいし、それでチームが混乱しているってことでも無さそうだし。でも何故かうまく回っていない印象。この状態から脱しないと、これはJ2でも厳しそうだなぁ、と。いやジュビロのフロントが関塚さんを中心に継続して強化していくという覚悟があれば、すぐには無理でも、生き返ってくるとは思うけどね。

何にしてもお隣がJ2だと、ちょっと寂しい。私の家は、実は瑞穂に行くより、豊スタに行くより、ジュビスタに行く方が近いという立地。なので私の周りではジュビロサポが多かったんだよね。長い間結構それでイジられていたけど、昨今は立場が逆転している。っていうか、ジュビロサポで継続してジュビロを応援している人ってほとんどいないんだよね(もちろん私の周りではだけど…)。

確かにジュビロの黄金期を、日本で一番美しいサッカーをしていたあの頃を知っている人だと、今のジュビロでは物足りないと思う人が多くても納得するし、サポを辞める人もいて不思議ではない。

でも、サッカーは続いていく。例えサポが離れていっても、J2に落ちても、サッカーは続いていくんだ。


なんか当たり前のように、続いていくサッカーに感謝しながら、そう言えば昨日は10/29だったなと、横浜フリューゲルスのことを想い出した。

pupaはやっぱり放送出来ないのか?2013年秋アニメ

2013年秋アニメの放送が始まって4週目。やっと前クールの最終回を見終えて、本格的に2013年秋アニメを見始めた私ですが、皆さんは如何お過ごしでしょうか?

2013年10月22日現在で、まだこの秋放送開始予定の「pupa」の放送局が決まっていない様子。まぁ、ニコ動だけで良いんじゃね?とは思うが、スポンサー的には、ほぼ無名の漫画原作のアニメをWEB配信だけで採算が取れるとは思えないと思うし、最悪地上波でなくても放送したいだろうね。でもまぁ、内容が…ねw(本当は表現の自由とか語りたいこともあるけど、ここでは語らないでおこう)。

今後どうなるでしょうかね?でもまぁ、基本私は重い話が嫌いなので、この「pupa」もプロットを見る限りでは、積極的に見る気になれないのも、私の本当の気持ちなんですよね。まぁ、温かく見守っていくことにしましょうか…。

そういう意味で、今季はなんか重そうな恋愛話が多そうですよね。例えば、もう幼馴染の主人公が負け組臭がする「凪のあすから」や、記憶喪失と言うギミックが重くのしかかりそうな「ゴールデンタイム」や、原作知っているからこそ今後の展開が怖い「フリージング ヴァイブレーション」や、1期もキツかったし、もうすでにキツイ「リトルバスターズ!~Refrain~」や、エロゲの名作なのでさすがの私も展開を知っている「WHITE ALBUM2」ですね。

この作品たちは、もうすでに切る候補ですが、見始めるとなかなか切れないんだよね…。

他の切り候補と言えば、2話で両親が死んだかもしれない「ガリレイドンナ」。いや死んでないと信じたい!っていうか同じノイタミナ枠の「サムライフラメンコ」が面白そうなので、多分ついでに視聴し続けるんじゃないかなぁと。

その他は「メガネブ!」。これは話が単純に面白くない。宮田幸季君が声をやっているキャラがホモ臭くってウザい。演出がオサレ感丸出しで微妙。アイキャッチと言うかジングルが耳に残る、って言うか耳障り。切るには十分な訳だけどねぇ…。しかし、ダメアニメを愛してきた私。12月にはなんか好きになっているかもしれないw。

「弱虫ペダル」と「ダイアのA」は原作を途中で読むのを止めた関係で、アニメだけ見るのもなぁ…って感じ。スポ根モノって好きなんですけどね。でも今季も観るものが多くて、初めから視聴しない予定。

逆に楽しみにしているアニメも多くて。
日常系でほのぼのしている「のんのんびより」。
画面に流れる雰囲気が良さげな「ぎんぎつね」。
ソードアート・オンライン風だけど、こっちの方がリアルな感じがする「ログ・ホライズン」。
プロレス大好きなので「世界でいちばん強くなりたい!」。
意外に好きなモチーフなので今後の展開に期待「アウトブレイク・カンパニー」。
ハーレムものが好きなので「IS<インフィニット・ストラトス>2」と「ワルキューレ ロマンツェ」
はすっごく楽しみにしてます。

その他は、今後の展開次第ですかね?
なんか厨二っぽいけどCGを駆使した艦隊戦に期待の「蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-」。
意外と俺様系っぽい主人公が鼻につくけど、夜々ちゃん可愛い「機巧少女は傷つかない」。
陰陽師とか出て来るだけでお腹いっぱいな「東京レイヴンズ」。
また吸血鬼ですか?「ストライク・ザ・ブラッド」。
主人公の突込みが少し痛い「境界の彼方」。
Angelaのオープニングとエンディングが格好良い。本編は?「COPPELION」。
まだよく解らないかも「京騒戯画」。
今のところ微妙「キルラキル」「夜桜四重奏 -ハナノウタ‐」
ネタ的に観ているだけ「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」
1期2期と観て来たので…「はじめの一歩 Rising」
前期から観ているので…「<物語>シリーズセカンドシーズン」「マギ」。

そして今季のダメアニメ枠。
格ゲー原作アニメと言うだけでダメアニメ臭がする「BLAZBLUE AlterMemory」。
タイトル長いラノベ原作と言うだけでダメアニメ臭がする「勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。」「俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している」
これらは、多分見続けると思う。なんかダメっぽさが好き。

ちょっと「てさぐれ!部活もの」は期待している。なんか「gdgd妖精’s」や「直球表題ロボアニメ」と同じ臭いがする。なんか好きなんだよね。このシリーズって。

あと、「DIABOLIK LOVERS」ってショートアニメあるじゃん?あの滅茶苦茶具合がクセになってきている。腐女子の皆様はあぁいうのがお好きなんですかね?

何にしても、まだ始まったばかり。2013年秋アニメもこれからこれから。


pupa

「恋愛ラボ」を見た

LoveLab025

2013年夏は「きんいろモザイク」と「恋愛ラボ」で決まった。

あと、「ハイスクールDxD」「戦姫絶唱シンフォギアG」も。

とにかく出て来る女の子が可愛い。まずこれが第一。そして「恋愛ラボ」にはストーリーがある。作中リコがマキたち生徒会のみんなに対して「自分はモテモテだ」とうそを吐いていて、それを正直に話す、話さない、話せない!って言うのが根幹なストーリー。

え?なに?そんなのストーリーって言わない?

いやいや日常の中にはそんなこといっぱいあってありふれていると思うけど、しかし、それは当人にとってはとても重要なことで、そこをピックアップして描くのが日常系ってものじゃないんでしょうか。まさに日常のダイナミズム。普段生活していて何気ないものの中にドラマは隠されているんだっていう、この作品の面白さって、そこだよね。

作中でもサヨ先輩が、リコの抱えているうそに対して、何も心配していないのは、客観的に見れば誰にでも解ることで、でも当人にとっては大事件で…。そのギャップもなんか思春期の女の子っぽくて可愛いなって。

LoveLab002
LoveLab015
LoveLab017

リコはさすがに男前に描かれていますね。でも髪飾りを毎日変えていくあたり、女の子らしくって可愛いし。こういう細かい演出も頑張ってますよね。彼女の前向きさや行動力や優しさや社交性が生徒会のみんなに良い影響を与えていく感じが良いですね。

LoveLab001
LoveLab019
LoveLab022

マキのアホさ加減が面白くって可愛くって。アホな子って良いですよね。アホ可愛いとはこのことだろうか?ときどきアホな子って鬱陶しく感じることがあったりしますが、マキにはそういう感じがないですね。

LoveLab013

こんなところとか。可愛い(?)

LoveLab018
LoveLab021
LoveLab020

あからさまにゆりゆりしていないところが、二人の関係の良いところではないでしょうか。まぁ、ゆりゆりしていても一向に構わないのですが、二人の距離感的なものが程よく描かれているところに好感が持てます。

LoveLab008

だからこそ、最終回で手を取り合ってわんわん泣いている二人が愛おしく感じるのではないのでしょうか。このシーンすごく好きです。

LoveLab010
LoveLab016
LoveLab023
LoveLab005
LoveLab024

意外かもしれませんが(でも無いか)、サヨ先輩が一番好きですね。この捻くれ具合がすっごく可愛く感じます。リコを筆頭にした生徒会に対しての信頼感のようなものが、最終回に出てましたよね。「バカばかり」は彼女なりの照れ隠しなのかもしれません。

LoveLab006

こういうボケって好きだったりします。リアルでも、こういうことやってくれる女の人って憧れますね。

LoveLab009

エノ先輩も可愛くて好きです。CVは佐倉綾音さんです。最近大活躍ですね、あやねる。よく聞きますよねぇ…。私の中であやねるの代表作っていまだに「夢喰いメリー」のメリーさんだったりしますが…。

いやいや大好きですよ。

LoveLab011

スズも可愛いです。自分のことを「スズ」と呼称するところも、何かくすぐりますよね。何かがくすぐられますよね。メガネっ娘のドジっ娘属性です!しかも前髪ぱっつん娘です!あざとい!あざとすぎる!保護欲が掻き立てられます。スズは意外に生徒会で一番悪女に近いかも知れません…。

LoveLab004

物語終盤で彼女たち二人が揃ってることが多かったように思います。エノ先輩はさすが元生徒会長です。スズをしっかり面倒見ているようですね。

LoveLab003

なんかあんまり出てこなかったけど、リコのお母さんがボーイッシュですっごく素敵でしたね。リコにそっくり。親娘だねぇって感じで、ほっこりしました。

LoveLab012
LoveLab014

これもあまり出てこなかったですけど、杉原雅先生もなんか美人さんですよね。ズボラな感じが良いですね。新井里美さん独特のおばさんボイスが、なんかすんごくマッチしてます。まぁ、新井里美さんはおばさんキャラだと光り輝きますからね。


作画もしっかりしていたし、丁寧に作られている感じがしましたね。場面展開もギャグ表現もテンポもすっごく良くて、こういう作品は間違いなく良作だと思います。1クール十分に楽しめる2013年夏指折りのアニメに間違いないです。



「有頂天家族」を見た

Uchoten018
Uchoten019

面白きことは良きことなり。「有頂天家族」です。

milktubが歌う「有頂天人生」の一節。「走らないけど止まりはしない、誰でも流れる阿呆の血」この部分好きなんですよね。まぁ、人生ってこうあるべきだと思うんだよね。「ほどほどにパラダイス」って感じで。

この作品も1クール十分楽しめた作品でした。「さよなら絶望先生」の久米田康治さんがキャラ原案をしているので、少し癖のあるキャラになっていますが、作品を見て行けば、キャラ原案以上に癖のあるキャラだってことに気付くはず。そこが気にならなければ、全然楽しめると思います。

って言うかキャラから入っていく人は、絶対に面白いと感じてくれると思うんだよね。この作品って。是非オススメしたいアニメです。

Uchoten011
Uchoten017
Uchoten029
Uchoten031

まぁ、この作品は弁天様の作品って言っても過言ではないです。作品を引っ掻き回すトリックスター的な位置付けです。似たようなキャラにルパン三世の峯不二子ちゃんがいましたね。あぁいうキャラが好きな人は、弁天様も好きになると思うんだよね。

能登麻美子さんが声をやっています。最近年上のお姉さんキャラばかりが目立ちます。嫌いじゃないですが、例えば「トータル・イクリプス」のイーニアや「ゼロの使い魔」のティファニアみたいな感じのキャラも好きですよ?

Uchoten002

矢三郎の位置付けも主人公ながら、作品を引っ掻き回す方なので、心地良いですよね。昨今巻き込まれ系の主人公が多い中で、あえてお祭り騒ぎのただ中へ飛び込んでいく、そんなキャラです。

Uchoten030
Uchoten028

弁天様に対してほのかな想いはあるようですけど、彼女の恐ろしさも十分知っている矢三郎。さて今後どうなることやら。

Uchoten027
Uchoten026
Uchoten013

海星は可愛いですよね。矢三郎に対しては憎からず想っていると思うんだけどなぁ…。矢三郎には姿を見せないって言うのは何かわけありなんでしょうかね?

Uchoten001
Uchoten007
Uchoten010

残りの四兄弟の矢一郎、矢二郎、矢四郎です。矢二郎兄さんが良い味を出しています。ちなみに矢四朗くんの声をやっているのが中原麻衣さん。中原麻衣さんの少年声って聞いたことあります?私は初めてかも知れません。

Uchoten004
Uchoten006
Uchoten012

お母さんが可愛い。これは間違いないです(何が?

井上喜久子さんですよ。井上喜久子さんの年上キャラは絶対正義です。これは譲れません。

Uchoten021

最終回で矢二郎と電話でのやり取りが、すっごく好きです。この優しげな声!絶対正義井上喜久子さんならではの演技ではないでしょうか?正直ここでは、うっすらと涙目になってしまいました。

Uchoten008

淀川教授の話は哲学的でした。作中「食べてしまいたいほど愛おしい」「愛することと食べることは同じ」と語ってましたが、最後には思想的敗北を味わうことになります。でもそれはとても人間らしい感覚だと思うんだよね。

淀川教授こそこの作品のひとつの代弁者なんじゃないかなって思います。

Uchoten025

金閣と銀閣。これだけ阿呆を貫いていると、それはそれで爽快ですね。

Uchoten005

赤玉先生。人の迷惑を省みない素晴らしい爺さんです。いまどき珍しいと思いませんか?他のアニメでも、こういうキャラがもっとわんさか出てきてほしいものです。

Uchoten023

最終回の最後。赤玉先生が、下鴨兄弟に声をかけるシーンがるんだけど、矢一郎、矢二郎、矢四朗には声をかけて、なんで矢三郎には声をかけなかったんだろうなぁと。なんか深い意味でもあるんだろうか?矢三郎は一言じゃあ足りないってことかしら?


やぱりこういうアニメって大好きで。日常系と言えば日常系でファンタジーと言えばファンタジーなアニメですが、変な鬱展開も無いし、観ていて爽快な気分になる。こういうアニメに出会えるから、アニメの視聴は止められないのかもしれません。いや、ほとほと成長しませんな。矢三郎に言わせれば、それこそ「阿呆の血のしからしむるところ」なのかも知れませんね。私も貴方も。

「魔界王子 devils and realist」を見た

MakaiOuji001

なんだかんだで見続けてしまった…。「魔界王子 devils and realist」です。

初見のときから、この作品の独特な雰囲気がどうも馴染めず、面白さが解らずにいたんですけど、結局最後まで見てしまったなぁと。最後まで見続けた今でも、この作品の面白さはよく解らないままだけどw

確かに面白くは無かったけど、嫌いにはなれなかったってことだと思う。

この作品のエンディングテーマはこの作品に出ている声優さんが歌っているんだけど、昔のアイドルグループの楽曲みたいで、なんか耳に残って気に入ってるんだよね。「a shadow's love song」ってタイトルもなんかそれっぽいしw。こういうのって歌の上手い下手じゃないんだよね、って思う。

いつかきっと出会えるような
そう信じてしまうんだ
君の声風に乗って
聞こえた気がした夜

例えばほら夢の中で
待ち合わせをしようか
僕はずっと待っているから
君が気付かなくても

君には笑ってほしい
僕も笑えるから
悲しい運命すら
今はそっと抱きしめてる

うわあああああああ!!!!

結構好きかもw

MakaiOuji008
MakaiOuji012
MakaiOuji017

正直ウィリアムのキャラは、この作品当初は取っ付き難いものだったけど、作品が進むにつれて慣れて来たって言うか、そんなに嫌いじゃなくなって来たな。もっと突き抜けてくれれば、それはそれで作品として面白かったかもしれないけど。

MakaiOuji013

ダンタリオンのちょっと鼻にかかったような声ってすごく好きなんですよね。寺島拓篤さんでしたっけ?よく耳にする声の人だけど、あまり印象にないなぁ。

ダンタリオンは、ソロモンの面影をウィリアムに重ねているだけなのか、ウィリアム自身が好きなのか。最終回に何となく解りますよね。あぁ、やっぱりみたいな。

MakaiOuji010
MakaiOuji011

シトリーが男だと知った時は、どんなに悲しかったことか…。

いまではそれでもありかなって思います。シトリー可愛いじゃん!

MakaiOuji003

大天使ミカエルが擬人化している作品は多いけど、ここまで悪役なミカエルは初めて見たかも。嫌な奴なんだこいつ。ケヴィンをいじめるな!みたいな。

MakaiOuji004

いじめられっ子のケヴィンです。まぁ、ウリエルなわけだが。福山潤くんは何を演じても上手いよね。何考えているかわからないところもあったけど、ケヴィンは好きなキャラでしたね。

MakaiOuji020
MakaiOuji018

ジル・ド・レイ。って青髭公がお姉言葉ってw

キャラ付けがぶっ飛んでいるけど、こういうのって好きなんですわ。

MakaiOuji002
MakaiOuji021

青髭公がいればもちろん、ジャンヌ・ダルクもいて。もっと活躍してほしかったけどな。

なんかネジが一本外れている感じが好き。

MakaiOuji006

幼女。ラミアちゃんprpr。

彼女も出番があまりなかったなぁ、残念。なんかアシュタロス様が出て来るシーンでちょくちょく顔をだしている程度。もっと活躍するシーンがほしかった気もする。

MakaiOuji005
MakaiOuji015
MakaiOuji016

褐色で熟女で巨乳。アシュタロス様。お美しゅうございます。この作品の中ではお気に入りのキャラです。四大四方王の一人って言う肩書の割に大して活躍もしていない彼女ですが。でも好き。


この作品は、そんなにお金掛けている訳でもなく、作画も絵コンテも脚本も演出も、それなりのアニメです。これで面白い作品が出来るかって言うと、それは無理だよねぇ…。最終回でさえ戦闘シーンがおざなりだったし。でもね、こういうアニメこそ楽しめるようになれば、もっとアニメを好きになれるんじゃないかな?そんなことを思うアニメでした。

奇をてらった鬱展開もないし、安心して観ていられるアニメではある。面白いかは別だけど。
livedoor プロフィール
記事検索
頑張れ!名古屋グランパス!
NAGOYA_em


ギャラリー
  • J2リーグ第15節 愛媛x名古屋 試合結果
  • J2リーグ第14節 名古屋x町田 試合結果
  • 「月がきれい」の千夏ちゃんがかわいい。
  • 「月がきれい」の千夏ちゃんがかわいい。
  • 「月がきれい」の千夏ちゃんがかわいい。
  • 「月がきれい」の千夏ちゃんがかわいい。
  • 「月がきれい」の千夏ちゃんがかわいい。
  • 「月がきれい」の千夏ちゃんがかわいい。
  • 「月がきれい」の千夏ちゃんがかわいい。
  • 「月がきれい」の千夏ちゃんがかわいい。
  • 「月がきれい」の千夏ちゃんがかわいい。
  • 「月がきれい」の千夏ちゃんがかわいい。
  • 「月がきれい」の千夏ちゃんがかわいい。
  • J2リーグ第13節 大分x名古屋 試合結果
  • 何故韓国人がノーベル賞を取れないのかが解るニュース
  • J2リーグ第12節 山形x名古屋 試合結果
  • J2リーグ第11節 名古屋x京都 試合結果
  • J2リーグ第10節 群馬x名古屋 試合結果
  • J2リーグ第9節 名古屋x山口 試合結果
  • 「オルフェンズの涙」は誰が流したのか
  • J2リーグ第8節 徳島x名古屋 試合結果
  • J2リーグ第7節 名古屋x讃岐 試合結果
  • J2リーグ第6節 名古屋x熊本 試合結果
  • J2リーグ第5節 松本x名古屋 試合結果
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ