Kyoukai no Kanata - 12 289

何故だ…。何故世間の評価が低いのだ…?「境界の彼方」です。

個人的には、すっごく良かったと思います。話の筋もしっかりしていたし、キャラクタも良いし。世に言う妖怪のようなもの(妖夢)を倒すことを生業としているヒロインと半分妖夢の不死身の体を持つ主人公とのボーイ・ミーツ・ガール物。

…概要書いていて、「これ何番煎じ?」って思わなくも無いけど、良いんですよ、そんな細かいことは!

茅原実里さんが歌っているオープニング曲の「境界の彼方」も、伸びのある彼女の歌声が十分に楽しめる良い楽曲になってますね。でも個人的にはエンディング曲の「Daisy」が好きですね。

Kyoukai no Kanata - 03 230
Kyoukai no Kanata - 06 129

とにかく栗山さんが可愛過ぎますね。私にはメガネっ娘属性は無いですけど。これぐらい可愛ければ秋人の気持ちも解らないでも無いです。

「不愉快です!」は、あまり浸透しなかったですねw

Kyoukai no Kanata - 02 123

不死身の半妖秋人先輩。KENN君のツッコミに慣れた後は、結構好きになれましたね。苦悩して、でも前向きに取り組んで、挫折して…。そして今の彼がある。そういう主人公も好きですよ。

Kyoukai no Kanata - 11 270

秋人と言えば、是非紹介したいのが、栗山さんを「境界の彼方」の中まで追って、捕まえた後に「ざまぁみろ!」っていうシーンが、ほんとうに好きなんです。このためにBD買います!

Kyoukai no Kanata - 01 056
Kyoukai no Kanata - 01 206

美月ちゃんはツンデレだと思ってましたが、秋人に対して友達以上の好意はありそうもないですね。秋人が半妖であることと、異界士の名門名瀬家の人間である彼女との関係性が、そうさせているんでしょうか?…まぁ、そうでも無さそうだけどねぇ…。。

Kyoukai no Kanata - 03 123

どこまで本気か解らない、底が知れない博臣君です。

秋人のために自分の身を犠牲にするような、友達思いの彼です。

Kyoukai no Kanata - 02 226
Kyoukai no Kanata - 11 238

どこまで本気か解らないの筆頭は、秋人のお母さんですかね。ずいぶん若くて可愛いお母さんですが、秋人が半妖であることを考えると、旦那さんは…。薄い本はよ!

Kyoukai no Kanata - 03 062

泉姉さんは、いろいろ暗躍していた割に、なんか独り相撲だった感じでしたね。弥勒との戦闘でいろいろ解ってきましたが、それのどれ程真実があるんでしょうか?

Kyoukai no Kanata - 08 150

近頃いない見事な悪役っぷりの弥勒。こうも憎らしい奴も物語を絞める意味では必要なんだなぁと、改めて思うね。

Kyoukai no Kanata - 07 112

桜は仲間になってから、ギャグ要員になってしまいました。それでも可愛いので許しますけど。彼女も弥勒に踊らされた一人でした。

Kyoukai no Kanata - 02 203

私のお気に入りキャラその①である彩華さんは、狐の妖夢でした。銭ゲバなところがすごっく素敵な女性です。

Kyoukai no Kanata - 06 258

私のお気に入りキャラその②の愛ちゃんも可愛らしかったですね。猫の妖夢なようです。

Kyoukai no Kanata - 06 250

みんなで訳あって踊る回が、すっごく好きです。みんな可愛いです。
このシーンの高解像度版どこかに無いですか?

きょうかいのかなた アイドル裁判! #1  20
きょうかいのかなた アイドル裁判!#1  28

愛ちゃんは、「きょうかいのかなた アイドル裁判! ~迷いながらも君を裁く民~」の方の印象が強いですかね?可愛過ぎますよね。

Kyoukai no Kanata - 03 087

でも一番お気に入りのキャラは二ノ宮先生ですけどね。なんか私行き遅れの女の人って好きみたいですw「のうりん」のベッキーも大好きですし。

Kyoukai no Kanata - 05 233
Kyoukai no Kanata - 05 262

このシーンがすごく面白かったですよねw
もう二ノ宮先生は私の嫁に決定w


まぁ、私がキャラから入る人なので、キャラ紹介がメインのようになりがちなアニメ紹介ですが、この作品は是非ストーリーを楽しんでもらいたいですね。ちょっとした伏線なんかもありますので、1クール12話絶対に楽しめると思います。おススメですよ!