BlogAnoia

Show-Cha's BLOG【ぶろがのいあ】
名古屋グランパスの話題を中心に、自分の妄想妄言を垂れ流していくBlogを目指します。

日記

三ツ沢の空はまだ蒼く染まっているか。

タグマ!に掲載されている「赤鯱新報」は名古屋グランパスファンなら誰もが購読しているWEBコンテンツですが、そこに我らが楢崎選手の記事がありまして、

ただ、前の大分戦の時にね、フリューゲルスのことを知らない大分の若手の選手がいたと知ってね。メンバー表でオレの前所属が書いてあるでしょ?そこに書いてあるチームを知らない選手がいたと。まあ、そういう選手がいてもおかしくはないなと思うところもある反面、サッカー界としてプロでやっている選手がそういうことを知らないというのはちょっと、何か寂しいなって思いますね。
赤鯱新報【5/24練習後の選手コメント】より

とあった。
横浜フリューゲルス消滅が1998年だから、今から19年前になる。我らが杉森考起が生まれた翌年にあたる。杉森にしても当時一歳なので、フリューゲルスの試合なんて見てないでしょう。若い選手の中で、存在自体知らない選手がいてもおかしくない。

って言うか、生まれた時から当たり前のようにJリーグがあり、当たり前のようにワールドカップに出場し、当たり前のように、海外で活躍する日本人選手がいるんだから。おじさんの若い頃のようにプロ契約のサッカー選手なんて数人しかいなくて、ワールドカップに出場するには、たった2枠を争う過酷なアジア予選を勝ち上がらなければなかった。

昔ながらのサッカージャンキーにとっては、本当に夢のような環境が、今ここにある。

だからこそ、横浜フリューゲルスのことは忘れてはいけないと思うのだ。我らが楢崎がピッチに立ち、我らのゴールマウスを守っている間は、横浜フリューゲルスの破片は我らとともにあることを、忘れないでいたいし、知らない今の若いサポーターたちに語り継いでいきたいと思った次第である。

さて次節は三ツ沢での横浜FC戦である。
監督は中田さん。そして津田がいる。いや~、津田ももう31歳かぁ…。歳をとる訳だw

横浜フリューゲルス - Wikipedia
【Jリーグ20周年】忘れてはいけない横浜フリューゲルスの軌跡 - NAVER まとめ

何故韓国人がノーベル賞を取れないのかが解るニュース

20170510

【韓国大統領選】文在寅氏が第19代大統領に正式就任 - 産経ニュース

科学を志す者は、感情や思い込みで行動することなく、常にあらゆる事象を客観視する必要がある。一度締結した国際条約に関して再交渉や破棄などと言ったことは、もちろん手続き的に可能だとは思うが、今回問題としている「日韓合意」は、両国が慰安婦問題の最終的で不可逆的な解決を目的に締結したものであって、その合意に関して再交渉するということは、韓国政府はこの問題を解決する意思がない、と考えているのだと言うことだ。

例えば通貨スワップに関して、ある国と締結したいとする。今回のような前例があるとならば、一度締結してウォンにスワップした通貨を、韓国が一方的に踏み倒す可能性があると、リスクマネージメントする必要があるということだ。

さて世界でそんなリスクを冒してまで、韓国にお金を貸す国があるだろうか。

残念ながら日本という国以外はないだろう。ただ今回ばかりは日本も当時国のひとつ。日韓合意に関しては破棄、または再交渉で、日韓通貨スワップは締結って、そんな都合の良いディールがあるだろうか?普通の感覚で「あり得ない」と考えないのだろうか。

文氏はいみじくも、「経済とは切り離して考えていく」といった、革新的な情報メディアでは「柔軟な」、保守的な情報メディアでは「ご都合主義的」な考えを語っているが、日本の国民世論のコンセンサスは得られるか、得られないとしたら、そこを押してまで、政府は韓国を助けるのか、日本国政府の今後の対応を見守っていく必要がある。

今回の大統領候補の全員が、日韓合意の再交渉や破棄を公約にしていたそうな。そして韓国国民は総じてそれを支持し、休戦状態ではあるが、韓国にとったら敵国で、核兵器を所有し、首都ソウルを火の海にするミサイル群を向けられて尚、親北である文氏を支持した韓国国民。

私にはとても理解できない。価値観が違いすぎる。

朝鮮有事が起こる前に書いておきたい。

再三このブログでも語っているように、私は韓国人が嫌いである。
なぜならば、サッカーにおいて長年ワールドカップ出場を阻んできたライバルであるし、その反日的な言動や行動に関して快く思っている日本人などいないだろう。特に私のような古くからのサッカーファンならなおさらだ。

そんな私であるが、今回はあえて、良き隣人として書いておきたい。

中国や北朝鮮などの親共産圏に付くのは止めなさい。
一時の感情に流されてはいけない。
民主党政権という悪夢を体験した隣人として、
理性的な行動を願うばかりだ。


Merry Xmas.

 

BoA 「メリクリ」

ふたりの距離がすごく 縮まった 気持ちがした
自然に腕が組めて 冷えた空 見あげた時に

コンビニでお茶選んで 当たり前に分けあって
きみの胸にくるまれている

ずっと ずっと そばにいて
大好きなきみを 見つめてたい
Snowflakes きみの暖もりは
冬の贈り物 ほら 雪だよ

どこかで辛いことや 淋しさに ぶつかっても
きみ想うこの気持ちに 正直でいると誓うよ

メゲるとこれ聴けよって 貸してくれたCDは
きみがくれた 歌のラヴレター

ずっと ずっと 言いたくて
付きあってくれて ねぇ ありがとう
もっと 好きなヒト強く
抱きしめなさいと 雪は降るの

贈り物を探しながら 結ぶはずのない気持ちが
結びあえたことの不思議 感じてた

ずっと ずっと そばにいて
同じ夢さがす 旅をしたい
Snowflakes 空が 街角に
白い息を吐く ほら 雪だよ

The white white snow's coming tonight
Make a wish upon your kiss.

「Aは面白かったが、Bはつまらなかった」又は「Aはつまらなかったが、Bは面白かった」という論評の考察



人間は、何かと、何かを批評したがるものだ。
自分の感じていることを、誰かと共有したいと思うこと、それは人間ならば誰しも思うことである。その「思い」が批評と言う形になって現れることがある。

批評とざっくり言っているが、これはただの感想も含める。なので上述の江口寿史のツィートも批評と語らしてもらう。

私は「ストップひばりくん」や「すすめ!パイレーツ」なんかを読んでいた世代なので、江口寿史を表現者としてとても尊敬しているのだが、どうだろう、上述のような、「Aは面白かったが、Bはつまらなかった」的な二元的に作品を比較論評する手法を安易に選ばれたのは、非常に残念でならない。

何故なら、「Aは面白かったが、Bはつまらなかった」的な二元比較論は、素人でも簡単に出来る批評であり、かつ、結局のところAとBを両方見た「後」に、奇しくも論評者と同じく「Aは面白かったが、Bはつまらなかった」という感想を持たぬ限り、共感を得られないという、論評者にとってあまり有益では無い、論評手法と言える。

さらに、「Aは面白かったが、Bはつまらなかった」的な論評はバカっぽく見える。

もし二元的な比較論を展開したいなら、Aは何故面白いのか、という筋道の先に、Bはつまらないと思うかを、理論立てて説明できれば良い。

例えば―
「この世界の片隅に」と言う作品は、過去第二次大戦中の広島、呉を舞台にして、コミカルな漫画的手法を取っているが、まぎれも無い事実で、そこには事実と言う巨大なリアリティがある。対して「君の名は」と言う作品は、現在の若者の文化や言葉、思考を含め、私たちがそこに存在しているというリアリティをアニメとは思えないくらいに、精密に描いているのだが、やはり男女の入れ替わりというファンタジーを取り入れたために、そのリアリティが茶番に帰してしまっている
―的に論ずるのはどうだろう?

ただ中高生向けのファンタジーものと中高年向けの時代ものを同列に語るというのは、やはり無理がある。

見てほしい対象も、扱うテーマも、表現技法も、なにもかも違う2つの作品を同列に扱うというのは、その2作品を本当に見て理解しているのか、読み手に対して疑問を持たれるのがオチであるし、やはり安易に二元的比較論法を用いるのは、見た目ただのバカっぽいし、自身が表現者としてプロであると思っているのであれば、止めた方が良い。

ただし例外はある。このバカっぽく見えるのを利用して、ギャグとして扱うのは面白い。
江川達也が
「東京大学物語は最高に面白いが、君の名はと言う作品は最高にくだらない!」
ぐらい言えば、ギャグとして共感を得られるんではないか?

江口寿史が、
「この世界の片隅には、すすめ!パイレーツ程度には面白い。一方君の名はは、エイジ程度につまらない」
とか。

…やはりどちらも品が無い…
livedoor プロフィール
記事検索
頑張れ!名古屋グランパス!
NAGOYA_em


ギャラリー
  • J2リーグ第42節 讃岐x名古屋 試合結果
  • J2リーグ第41節 名古屋x千葉 試合結果
  • 「No Trump,No War」その日本語訳について考える
  • J2リーグ第40節 岡山x名古屋 試合結果
  • J2リーグ第39節 名古屋x群馬 試合結果
  • J2リーグ第38節 長崎x名古屋 試合結果
  • J2リーグ第37節 名古屋x湘南 試合結果
  • J2リーグ第36節 山口x名古屋 試合結果
  • J2リーグ第35節 岐阜x名古屋 試合結果
  • J2リーグ第34節 名古屋x東京V 試合結果
  • J2リーグ第33節 金沢x名古屋 試合結果
  • J2リーグ第32節 名古屋x大分 試合結果
  • J2リーグ第31節 水戸x名古屋 試合結果
  • J2リーグ第30節 名古屋x横浜FC 試合結果
  • J2リーグ第29節 名古屋x福岡 試合結果
  • J2リーグ第28節 町田x名古屋 試合結果
  • J2リーグ第27節 名古屋x松本 試合結果
  • J2リーグ第26節 名古屋x愛媛 試合結果
  • J2リーグ第25節 熊本x名古屋 試合結果
  • J2リーグ第24節 京都x名古屋 試合結果
  • J2リーグ第24節 京都x名古屋 試合結果
  • J2リーグ第24節 京都x名古屋 試合結果
  • J2リーグ第23節 名古屋x山形 試合結果
  • J2リーグ第22節 名古屋x徳島 試合結果
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ